情報誌『雲のうえ』一覧

まちのにぎわいを創出するには、北九州市の「魅力」を市内外の多くの方々に知っていただく必要があります。

情報誌「雲のうえ」は、北九州市のにぎわいづくり推進の一環として、刻々と変わり行く北九州市の「いま」を、毎号ひとつのテーマに沿って描き出す新しい情報誌です。

北九州市の「魅力」を広く紹介するとともに、市民の皆さまにも愛される冊子づくりを目指します。

※情報誌『雲のうえ』とは▶

全一覧

詳細ページへ

第7号 特集「娯楽」(在庫切れ)

第7号「馬と艇(ふね)と輪(にじ)と。」では、小倉競馬、若松競艇、小倉競輪の3つの公営競技を特集しています。 4大公営競技のうち3つを抱える唯一の都市、北九州市。市民が古くから愛した娯楽の殿堂の様子、遊ぶ人、働く人それぞれの「賭ける人生」の醍醐味を、お楽しみください。 仕...

詳細ページへ

第6号 特集「劇場」(在庫切れ)

『雲のうえ』第6号は「北九州芸術劇場」を舞台にした「街とフィクション」の特集となっています。 日夜上演されるさまざまなドラマ、訪れる人や働く人の表情を客席や舞台裏などさまざまな角度から眺めました。街のリアルな息遣いと、ドラマティックなフィクションが交錯する場所の醍醐味をお楽...

詳細ページへ

第5号 特集「食堂」(在庫切れ)

食欲の秋にお届けする『雲のうえ』第5号のテーマは「大衆食堂」。市街地のパワーを支える食堂、工場や学校の「門前食堂」など、それぞれの地域に根ざした大衆食堂を特集しています。 市民の素顔、素朴でたくましい、働き者たちの街・北九州のエネルギーの源をご覧ください。 特集 はたらく...

詳細ページへ

第4号 特集「島」(在庫切れ)

第4号では白洲灯台の建設に尽力した岩松助左衛門氏の紹介をはじめ、北九州市の離島「藍島」、「馬島」、「白島」等を紹介しています。 あらぶる波にぽっかり浮かぶ北九州の島の様子を是非ご覧ください。 小さな偉人伝 海に灯りをともした男 岩松助左衛門と白洲灯台 絵=清田禮助(岩松助左...

詳細ページへ

第3号 特集「工場」(在庫切れ)

第3号では北九州市の「工場」を特集しています。北九州市を牽引しつづけてきた鉄鋼業、時代の先端を行くロボット産業、今も生き続ける手作業によるものづくりの現場、環境首都北九州を象徴するエコタウン等様々な「工場」の様子を特集しています。 街のうた3/歩いて渡れ 文=大谷道子 絵=牧野...

▼おでかけカレンダー

2017年12月
0102
03040506070809
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

▲日付をクリックしてね!

▼PDFの閲覧について

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。


ダウンロードページ